10万円給付のツケを払うのは結局会社員という奴隷

10万円給付のツケを払うのは結局会社員という奴隷

うちにも10万円給付の申請書が届きました。

過去に例を見ない今回の大盤振る舞い。

今回のコロナ対策のための予算は25兆もあるとか。

それも全て借金です。

借金なんだから理論上は返さなくてはなりません。

そこで、増税という話が出てきているそうです。

文句を言わないのは会社員という奴隷

国の財政がピンチで増税となれば、負担が重くのしかかるのは現役世代。

これは当たり前の話。

でも、実際は負担が重いのは現役世代の中でもサラリーマンだけというお話。

何故かと言うと、現代の奴隷であるサラリーマンは増税しても文句を言わないし、税金もしっかり納めるから。

簡単な話です。

取りやすいところから税金を取る。

自営業者はいくらでも細工ができますからね。

私は年収400万程度のサラリーマンでした。

仕事を辞めたのは、仕事が嫌だったからというのが大きな理由ですが、それ以外にもアルバイトの方が税負担や国に収める税金が少なくなると思ったからです。

正直、サラリーマンなんて馬鹿らしいですよ。

自営業のように経費を計上しまくるということもできません。

ほとんどのサラリーマンが国から言われた通り、高い税金を真面目に払っているのです。

私は働く量を少なくしたことによって、給料も下がりましたが、住民税が無料になる予定です。国民年金も向こう3年間は全額免除です。

サラリーマンでも年収1000万以上稼げるエリートは良いですが、ボリューム層の年収300~400万なんて悲惨なものです。

収入の割に高い税金を取られて、増税となれば、一番先にターゲットにされるのもこの層です。一番人数が多いゾーンで増税すれば、その分だけ税収も増えるので当然です。逆に年収200万以下の人は国が税金を取りたくても多くは取れないので、大抵見逃されます。

そんな訳で私は年収300万~400万程度のサラリーマンが一番奴隷状態だと思う訳です。

サラリーマンのあなた、今回のコロナの10万円の給付金で喜んでいる場合ではありませんよ!

必ず後から増税が来ますから。

これは確実です。

10万円の給付が終わっていないのに、もう増税の話が出ているくらいですから。

ほんと、改めてサラリーマンは糞だと思う次第であります。